• 配信日:2020.11.24
  • 更新日:2023.11.01

ものづくり マッチング事例

ENEOS 機能材カンパニー 福田様に聞く「Linkers Sourcing」活用事例

はじめに


Linkers Sourcing」は最高のものづくりパートナーを探し出すマッチングサービスです。
これまで多くのクライアント様からご好評を頂いておりますが、一方では初めてのお客様からはハードルの高さを感じるといった声もあります。

そこで今回は、長きに渡り複数の案件で弊社サービスをご利用いただいている、ENEOS株式会社 機能材カンパニー 福田様による活用事例をお届けします。

「Linkers Sourcing」を活用し、製造委託先を効率良く探索されている ENEOS におけるオープンイノベーション推進に向けた取り組みなどにも言及されていますので、弊社サービスをご検討中の方はもちろん、オープンイノベーションに課題を抱える企業にとっても一助となる事例かと思います。

「Linkers Sourcing」 に出会えて良かったと思います


福田様が所属する機能材カンパニーは、ENEOSの将来を支える多種多様な新規機能材の開発に取り組む組織です。事業化初期の段階では自社設備を保有せず、外部委託先での委託製造からスタートすることとしています。

このため協力いただける外部委託先を如何に早く効率的に見つけ出すことができるかがひとつのポイントであり、そのために「Linkers Sourcing」を活用されています。

加えて、既存製品の製造委託先を探す際に利用されることもあり、案件の幅は広く、今や「Linkers Sourcing」のアウトプットを我々が想定していた以上の形で有効活用されるほど精通されています。

その福田様が「Linkers Sourcing」をこれから利用しようと検討されている方に対して、メッセージを残してくれましたので最初にご紹介します。

「Linkers Sourcing に出会えて良かったと思います」
ENEOS 機能材カンパニー 福田様に聞く「Linkers Sourcing」活用事例

「Linkers Sourcing」を知ったキッカケ

「弊社が最初に『Linkers Sourcing』を利用したのは2017年7月のことです。当時の担当は私ではなく、私は2018年10月より担当しています。弊社がどのようにLinkersを知ったのかというと、当時の研究開発部副部長からの紹介でした」

当時の機能材カンパニーでは、ある素材の製造委託先を探していたそうですが、適切な候補を見つけられずに行き詰まり、副部長に相談。そこでLinkersの名を知り、依頼をして頂けることとなりました。

それまで、機能材カンパニー内にはLinkersの利用実績はありませんでしたが、日頃からマッチングサービス等、業界の情報にアンテナを張られており、弊社を知ったといいます。

ENEOS 機能材カンパニー 福田様に聞く「Linkers Sourcing」活用事例

■ 製造委託先探索の難しさ


機能材カンパニーでは独自のネットワークや過去の取引先からの情報収集をメインとし、Google検索なども活用するなど、考え得る限りの情報を集め、製造委託先を探索してきたそうです。

「社内独自のネットワークの活用、お付き合いのある商社さんへの相談、展示会などで知った会社へのアプローチに加えて、Google等の検索エンジンの活用など、担当者の裁量において可能な限りの探索を行いますが、限定された範囲でのアプローチしかできていませんでした。

検索一つをとっても、検索ワードが曖昧だと無駄に膨大な数がヒットしますし、絞り込み過ぎると何もヒットしません

検索の難しさは誰もが知るところです。製造できる可能性のある企業を検索だけで全てリストアップすることは困難です。

また、機能材カンパニーでは、取引先の商社に委託先候補がないかと相談することもあるそうですし、展示会も積極的に活用されています。それでも探し切れない。

探索範囲の狭さは社内でのコンセンサスを得にくいという問題も生んでしまうと福田様は述べています。

ENEOS 機能材カンパニー 福田様に聞く「Linkers Sourcing」活用事例

「どれだけの件数をあたって見つけたのか? と聞かれると厳しい訳です。個人で当たることのできる件数は高が知れます。

『なるほど。そういう探し方をして見つけたのだったら問題ないね』と皆を納得させられる探し方が分からない、という課題は常にありました」

委託先決定へ導く「納得感」が重要なのだと。

■ 探索プロセスのオープンさから「納得感」が得られる


ENEOS 機能材カンパニー 福田様に聞く「Linkers Sourcing」活用事例

「どれくらいの数の、どのような会社に当たり、どう絞ったのか、そして先方はどう回答しているのか、といった探索過程の全てが『Linkers Sourcing』ではオープンになっています。

探索過程の全てが見える。『こうやって探しました』と明確に説明できるので皆の『納得感』を得られやすくなります。これは非常に良い点だと考えています」

委託先候補の検証では、確かに全ての候補を調べ切った上での結果なのかどうかが気になるはずです。より適切な会社が他にあるのではないかと考えるのは当然でしょう。

ところが、担当者も探索のプロではないし、100%調べ切ったとは言い切れません。

その点「Linkers Sourcing」を利用した場合には探索プロセスを全て説明できることから社内でのコンセンサスを得やすくなるということです。

ENEOS 機能材カンパニー 福田様に聞く「Linkers Sourcing」活用事例

また福田様は、厳選された数社だけが結果として提示されるよりも、初期アプローチを行った企業も含めた、探索母集団の全てのリストが公開されることもメリットだとしています。

「絞られた数社の提示だけでは探索プロセスはブラックボックスです。その中に適切な会社がなかった場合、その先の選択肢もなくなってしまいます。

Linkersの場合には全てのリストが提示されるので、我々も面談、絞り込みを行いやすくなっています」

本サービスに関するお問合せはこちら