配信日:2022.02.24

海洋プラスチックごみ問題解決に挑む
~ 北陸先端大 金子グループのムーンショット型研究開発事業の取り組み ~
(3月9日(水) 13:00 ~)

セミナー

海洋プラスチックごみ問題解決に挑む
~ 北陸先端大 金子グループのムーンショット型研究開発事業の取り組み ~
(3月9日(水) 13:00 ~)

プレスリリース
海洋プラスチックごみ問題解決に挑む ~ 北陸先端大 金子グループのムーンショット型研究開発事業の取り組み ~

海洋プラスチックごみ問題解決に挑む
~ 北陸先端大 金子グループのムーンショット型研究開発事業の取り組み ~


【Webセミナー概要】

世界の海に存在するプラスチックごみの総量は約 1 億 5,000 万トン( McKinsey & Company and Ocean Conservancy (2015) )、さらに毎年約 800 万トンのごみが新たに流入していると推定されています( WORLD ECONOMIC FORUM (2016))。

プラスチックごみは海の生態系や人体に甚大な影響を与えるだけでなく、観光や漁業をはじめとする様々な産業にも直接的、間接的な被害を及ぼし、多大な経済的損失をもたらします。

プラスチックは軽量、高耐久性、良好な加工性などの特長を有し、人類および社会にとってはなくてはならないものです。左記問題を解決し、未来永劫、プラスチックを使用し続けていけるようにすることは、材料開発者のみならず、プラスチックのサプライチェーンに参画する技術者や研究者にとっての使命と言っても過言ではありません。

この度リンカーズは、北陸先端科学技術大学院大学の金子教授、東京理科大学の佐藤教授をお招きし、海洋プラスチックごみ問題の解決に関する Web セミナーを開催いたします。

金子氏、佐藤氏をはじめとする研究グループが取り組むムーンショット型研究開発事業「光スイッチ型分解性プラスチック」の開発状況や現状の課題、今後の展望についてお話しいただきます。

ぜひご参加ください。

※本セミナー終了後、14 時 30 分 ~ 15 時 00 分の間で【リンカーズのサービス・事例説明会】(無料)を実施させていただきます。

 講演と同じ視聴用 URL にて実施いたしますので、参加を希望される方はセミナー終了後も退室せずそのままお待ちください。

【開催概要】

日 時 :2022 年 3 月 9 日(水)13:00 ~ 14:30(受付開始 12:50)
配信方法:Zoom(オンラインセミナー)
費 用 :無料(要事前登録)
定 員 :1,000名(先着順)
主 催 :リンカーズ株式会社
主 催 :北陸先端科学技術大学院大学
     東京理科大学

【イベントプログラム】

■イントロダクション
登壇:リンカーズ株式会社 オープンイノベーション研究所所長 兼 CSO 國井 宇雄

■講演『スイッチ型分解性プラスチックの重要性と未来』
登壇:北陸先端科学技術大学院大学 環境・エネルギー領域 教授 金子 達雄 氏

■講演『「プラスチックの未来を考える会」の紹介』
登壇:東京理科大学 経営学部経営学科 教授 佐藤 治 氏

■質疑応答
ZoomのQ&A機能にて質疑応答が可能です

【詳細確認・お申し込みはコチラから】


【本件に関するお問い合わせ先】
リンカーズセミナー運営事務局(前田)
seminar@linkers.net