• 配信日:2020.12.28
  • 更新日:2020.12.28

私がリンカーズに入社した理由

「ものづくり産業に活力を与えたい」という意思が導いたキャリア
経営管理部 マネージャー
黒田 直樹 (Naoki Kuroda) / 2019年入社

ものづくり産業に活力を与えたい

ー自己紹介

初めまして。経営管理部の黒田です。私は、2019年にリンカーズに入社いたしまして、経理・財務中心にコーポレート業務に携わっております。

経歴としては、経理・財務業務が一番長いのですが、前職においてはメーカーで、生産、物流、営業と経験しており、その経験や知識を活かした業務を行えることが自分の強みであります。

実は本当はメーカーに転職をしたいと考えてました(笑)。しかしながら、転職活動を通じて、当時は日本におけるメーカー(特にものづくり)に活力がないように思え、その時に出会ったのが「リンカーズ株式会社」でした。

リンカーズのサービスを聞いた時に、ここならメーカーに対して微力でも活力を与えられるのではないかと思い入社することとなりました。


リンカーズ 黒田 直樹

会社を守る、従業員を守る部門

ー私の部門について

私の所属しているのは、経営管理部でコーポレート業務を行っている部門であります。

コーポレート業務って・・・と、分かりにくい表現になりますが、構成としては主に、人事、総務、経理、財務、税務等々と法務と合わせたバックオフィス部隊でございます。

それぞれ細かい業務を並べてしまえば色々あるのですが、総じて繋がることとして、色んな言い方・考え方があるかと思いますが、私としては、会社を守る、従業員を守る部門だと思っております。


リンカーズ 黒田 直樹

「本質を捉えてワークする」

ーマネジメントで大切にしていること

本質を捉えてワークする
営業部門と違いなかなか目に見える形での達成感を得るのが難しい部門と思っています。

反復業務が多いうえ、規程・規則、基準といったものがありそれに沿って業務を行うことが我々のミッションでもあります。

なので、在りがちなパターンで、ただワークする、ただこなすのではなく、一つ一つ考え本質を捉えるようにしてほしいこと。

また、個人的に過去の経験から得たものであったり、部門のミッションに対して身近なもので例え理解してもらえるように翻訳したり、同じ目線で対応することを意識してマネジメントしております。

あとは、出来るだけ楽しみを見つけて欲しいと思っています。


リンカーズ 黒田 直樹

組織やチームで立ち向かえる部門に

ー部門に対する思い

個人的な思いでもありますが、組織やチームで立ち向かえる部門に成長出来ればと思っています。

一点突破的な個の力も重要ではあるものの、我々の部門の後ろが存在しない部門でもあることから、出来るだけ組織(面)で立ち向かうようにしたい思いです。

大きなミッションの達成感をみんなで分かち合いたい、困難な問題も色んな意見を出し合ってより多くの手段を出せるような組織にしたい思いであります。


リンカーズ 黒田 直樹

挑戦して壁を超える喜びを共有できるメンバーを待っています

リンカーズは今、急成長の途上にあり、多くのプロジェクトで人材を必要としています。年代を問わず、「仕事を通して自分の力で未来を変えたい」という方を広く募集しています

この職種の募集要項を見る

リンカーズは
自らを革新し続ける人を広く、募集しています。