• 配信日:2020.12.24
  • 更新日:2021.02.26

リンカーズテックメッセブログ

大塚テクノ株式会社様~リアルとバーチャルの展示会・自社サイトに加えて「TechMesse」を活用②

2020年6月よりβ版の運用が始まり、すでに多くの企業にご利用頂いている常設Web展示会サービス「TechMesse(テックメッセ)」ですが、どのように活用したらよいのか分からないと悩まれている方もいらっしゃるかと思います。

今回は実際にTechMesseを数ヶ月に渡って利用され、その使い方や効果などについて知見を蓄積し始めている大塚テクノ株式会社(以下、「大塚テクノ」)様の活用事例を、同社 精密デバイス開発部 開発企画課の喜田様へのインタビューからお届けします。

大塚ホールディングス株式会社のグループ会社として、医療用プラスチック製品や滅菌・包装の受託事業、サーマルプロテクター、フェイスシールドなどを手掛ける同社は近年、自社製品の外部向けの販売にも力を入れ始めているそうです。

新規顧客の開拓に向けて2020年6月にはTechMesseの利用も開始。同社がTechMesse上で公開している「プラスチック製品を圧倒的に黒くする成形の新技術」はPV(閲覧数)も多く、実際に問い合わせを受けるまでになっています。

大塚テクノ様の事例は、TechMesseを検討されている方はもちろんとして、コロナ禍のマーケティングにお悩みの企業にとっても参考になると思います。

※本インタビューは徳島県鳴門市にある大塚テクノ様の鳴門工場とリモートで行われました。

大塚テクノ様へのインタビューは前半パート後半パートの2本立てでお届けします。

本記事では後半パートとして、大塚テクノ様がTechMesseをどのように活用し、どのような成果が出ているのかを中心にご紹介をさせて頂きます。

TechMesseの活用

TechMesse_otsuka-techno
TechMesseにおける大塚テクノ様の掲載リストページ

リンカーズ:取引先にご紹介頂いた企業へのご訪問、展示会への出展などによってニーズを調査し、新たな顧客開拓に取り組んできた中、突然のコロナ禍で、急遽Webサービスの本格活用という流れとなり、TechMesseを実際に利用されてみて、どのような印象・感想をお持ちになったのか教えて頂けますか?

喜田:機能的な部分は徐々に改善されているという所もありますし、プラットフォームとしては定型フォーマットに情報を当て嵌めていくだけなので、使い辛さも感じませんし、しかるべき所にしかるべき内容を入れられるプラットフォームだという印象です。

リンカーズ:紹介文はどのようにして作成されたのでしょうか?

喜田:今まではリアルの展示会に出展していましたので、ポスター、パネルなどデザイン的なものはありました。

しかし、PR文章というものはありませんでしたので、各種資料を参考にしつつ私が作成しまして、他のメンバーにも確認してもらいました。公開後も、後から見直して随時修正するといった対応を行っています。

リンカーズ:TechMesseでは随時機能のアップデートを行っており、先日はテンプレートを追加しましたが、ご覧頂いたことはございますか?

喜田:先ほど申し上げた修正というのがちょうど、そのテンプレートを参考にしたものになります。

リンカーズ:なるほど。紹介文の作成にあたって気を付けられたことはございますか?

喜田:極力短くしようと思っています。ですが、ついつい長くなってしまいます。

リンカーズ:分かります。ところで、この案件のPVが大きく伸びた要因には、目を引くタイトルも寄与していると思いますが、「圧倒的に黒くする」というキャッチフレーズはどのようにして生まれたのでしょうか? 

パンフレットにも記載されていましたので、今回初めて作られたものではないように思いますが。

喜田:このキャッチフレーズは課内のメンバーが展示会に向けて考え出したものです。大きな展示会に出展するにあたり、展示の形式を検討した際に、製品紹介のパネルをズラッと掲示するだけではお客様の目に留まらないのではないかという意見が出ました。

そこで、キャッチフレーズだけで一度パネルデザインを作ってみよう、ということになりました。その時に生まれたのが「圧倒的に黒くする」というフレーズです。

リンカーズ:そうなのですね。端的で分かりやすいので、それもあってアクセスが多いものと思いました。しかも、PVだけでなく閲覧者数も900名(2020年11月16日時点)を超えています。

非常に多くの企業、多くの方が関心を寄せている案件となっていますが、そもそもTechMesseを利用し始める際に、御社として何らかの目標設定はされていたのでしょうか?

喜田:いえ、会社全体としても「まず始めてみよう!」という方針でしたし、実際に担当している我々の部署としても「何かしらのリアクションがあれば嬉しいね」といった感じでした。

リンカーズ:お試しとして使ってみようかという感覚だったのですね。

喜田:そうですね。この種のWebサービス自体が初めてでしたし、どのような成果を得られるのか全く分かりませんでしたので、厳密に目標値を立てるというようなことはしませんでした。

リンカーズ:実際に何らかのリアクションはございましたか?

喜田:先日、「圧倒的に黒くする技術」へのお問い合わせがありました。実際にサンプルをご覧になりたいというご要望もありましたので、営業担当、開発担当と共に先方に出向き、お話を伺ってきました。

現時点では先方のニーズを詳しく確認し、商談が始まったという段階ではありますが、実績としては一つ挙がったことになると考えていますし、これをキッカケにどんどん増えていくことを期待しています。

リンカーズ:我々も今後さらに上手く行くことを期待しています。ところで、TechMesseは6月にβ版としての提供が始まり、2021年1月より正式版に移行する予定です。今後も随時機能追加・改善等を行っていく予定ですが、実際に使われた喜田様から何かご要望はございますか? 

我々としては、例えばページ閲覧者の属性を詳しく表示させたり、PVを伸ばすためのアドバイス機能を導入したりといったことも検討しています。

喜田:そうですね。「圧倒的に黒くする技術」に関していえば、我々としてもどういった分野にニーズが存在するのか分からない部分がありますので、どのような業界の方がご興味を持たれているのかといった情報が分かるだけでも有用だと感じます。

それが分かれば、アプローチすべき業界の参考になるはずですから。

リンカーズ:なるほど。他には何かございますか?

喜田:紹介ページ内にYouTube動画を埋め込むことができたらお客様目線で考えても情報を文章と動画で確認できて分かりやすいかと思います。

というのも、実は弊社も初の取り組みとして、製品の紹介動画を制作しています。圧倒的な黒さを伝えるには写真や絵では限界があります。

一方で最も良い手段であるサンプルはリアルでしかお見せできません。そこで動画となりますが、現状だとTechMesseにはリンクは挿入できてもプレイヤーごと埋め込むことはできませんよね?

リンカーズ:申し訳ございません。おっしゃる通り現状ではリンクのみで動画の埋め込みには対応していません。しかし、動画の埋め込みについては対応中ですので、今しばらくお待ち頂ければ幸いです。

TechMesseの魅力

リンカーズ:それではTechMesseの魅力についてはいかがでしょうか?

喜田:実は、Webサービスの利用を検討している中で最初にTechMesseを知った時、貴社が技術的なマッチングを重視しているというお話にとても優位性を感じました。

リンカーズ:なるほど。

喜田:TechMesseの中で我々のページがPVで上位に来ることは正直なところ想定していませんでしたし、我々もその要因が良く分かっていません。

しかし、用途や顧客に関する間口を自ら狭めることはないのだと感じています。

自分たちが考えてもみなかった分野で活用される可能性もありますので、TechMesse上で他社とマッチングし、技術的融合が実現するようなこともあるのかと思いました。

リンカーズ:ありがとうございます。

喜田:「圧倒的に黒くする」という、我々の低反射技術についても、本来なら同じ成形メーカー同士では競合すると思いますし、実際にそうですが、一方ではお互いに持っていない部分でコラボレーションできる可能性も秘めていると思います。

そのようなマッチングができるのであれば、それも良いことだと考えています。

リンカーズ:同じ成形品の加工メーカー同士でのタイアップもあり得ると?

喜田:はい。プラスアルファのモノづくりができればと考えていますので、そのような例もありかなと思います。

リンカーズ:なるほど。思わぬ企業とのコラボレーションが実現すれば、弊社としても嬉しく思います。また、TechMesseのWebサービスならではの魅力は何かございますか?

喜田:お客様の情報を即座に多く取れるというのはWebサービスとしてのメリットの一つかと思います。

また、先ほども申し上げましたが、やはり情報を手軽に随時更新できるという点も魅力ですね。リアルの場合は何週間、何か月とかけて事前準備を行いますので、直前になってからの資料や展示物の差し替えは現実的に厳しいですから。

リンカーズ:確かに更新性の高さはWebならではの利点ですね。エリアに制限を受けないという点はいかがでしょうか?

喜田:そうですね。今回TechMesse経由でお問い合わせを頂いた企業も、実は関東圏でしたので、全国一律でエリアの制限なくアプローチできるというのもメリットの一つかもしれません。

また、普段なら多忙で展示会に参加する時間がない方でも、Webなら少しの隙間時間で見て頂けるかもしれないとも思います。それも良い点ですね。

リンカーズ:会期がない、情報公開期間に制限がないというのも常設Webサービスの魅力と考えていますがいかがでしょうか?

喜田:そうですね。それも確かにありますね。

バーチャル展示会

リンカーズ:先ほどバーチャル展示会への出展のご予定があるとお聞きしました。

喜田:はい。2020年11月開催の「IPF Japan」という展示会が新型コロナウイルス感染症の影響によってバーチャル開催に切り替わりまして、弊社も出展する予定です(※インタビューは展示会開催前に行われています)。

IPF Japan_otsuka-techno
記事掲載にあたり、大塚テクノ様よりご提供頂いたバーチャルブースの画像

リンカーズ:バーチャル展示会の場合は、どのような形式になるのでしょうか?

喜田:我々も初めてのことなので他のバーチャル展示会については存じ上げませんが、少なくとも 「IPF Japan」では、3Dのバーチャル空間が用意され、そこにブースを構えるという形になるようです。

来場者の方との応対用チャットも用意されますので、我々もバーチャルブースで待機します。もちろん、資料のダウンロードなどもできます。

リンカーズ:そうなのですね。オンラインの展示会の中には一方的に情報配信をするだけというものもあると思いますが、「IPF Japan」では本当にバーチャルの展示会プラットフォームが用意されるのですね。

喜田:はい。より突っ込んだ商談を行いたければチャットから「Microsoft Teams」でのウェブ会議に移行といったことも考えられているようです。

資料等も準備して、それらを共有しながらのウェブ会議ができるように我々も準備を進めています。

リンカーズ:なるほど。バーチャル展示会といっても現在は主催者側も模索中だと思いますし、今後も色々な形態が登場しそうです。

ところで、先ほど動画を「IPF Japan」向けに制作中だとおっしゃっていましたが、動画の制作における悩みなどはありましたか?

喜田:もう、めちゃくちゃ悩みました。しかもバーチャル展示会に間に合わせるために短納期でしたので、何とかどうにか、といった感じです。

リンカーズ:なるほど。我々も動画をTechMesseにも埋め込めるように対応していきたいと思います。

今後のマーケティング戦略

otsuka-techno_kida
リモートで取材を受けて頂いている最中の喜田様
※取材中はマスク着用でお話しいただきました。

リンカーズ:新型コロナウイルス感染症の影響によって世の中は本当に変わってしまいましたが、現在の御社のマーケティング戦略はどのような方針なのでしょうか?

喜田:我々としては早々にリアルの展示会を再開したいという思いがあります。しかし、現在の社会情勢を鑑みると難しいですし、弊社としても現状ではリアル展示会への出展は控えるということになっています。

そのため、今後、リアルとWebをどのような形で組み合わせていくのか、という点がマーケティングにおける直近の課題だと考えています。

リンカーズ:リアルの良い所はどのようなものだと思われますか?

喜田:実際のサンプルを見て下さいというのはリアルならではのことで、Webでは伝えにくい部分かと思いますので、大きな利点ではないでしょうか。

リンカーズ:「圧倒的な黒さ」のように、モノの色や質感などは、確かに実物には敵いませんね。

喜田:そうですね。また、将来的には弊社のウェブサイトからTechMesse上のページへ誘導し、詳細情報をご確認頂くといったことも考えられるかもしれません。

ウェブサイトの情報をデザインも含めて更新するというのは手間が掛かりますし、詳細な情報を外部のWebサービスに載せて、そこへのリンクを弊社ウェブサイトに挿入するという形の連携は良いかもしれません。情報の更新もやりやすいですから。

リンカーズ:問い合わせを行う企業からすれば、技術的に詳しい情報を知りたいと思われるでしょうし、ウェブサイトに掲載し切れない詳細な情報がTechMesseにあれば、それはとても良いかもしれませんね。

ウェブサイトの補助的な位置づけとしても使えることになりますね。そういえば、私が以前伺った企業でのお話ですが、そこではパンフレットは見やすいように情報を削ぎ落し、代わりにWeb上に詳しい技術情報を載せ、パンフレットにはそのページへのQRコードを掲載していました。

喜田:なるほど。今後はリアルとWebをハイブリッドに使っていく必要があると私も思います。

TechMesseを検討している方へのメッセージ

リンカーズ:最後に、TechMesseの利用を検討されている方に向けて、メッセージを頂けますでしょうか?

喜田:我々もまだ使い始めて間もないですが、世の中的にもリアルとWebを上手く使い分けながら併用していかなければならない状況になって来ていると思います。

TechMesseは先ほども申し上げたように、ウェブサイトの補助的な役割も果たせると思いますし、リアルの展示会にはない魅力がいくつかあります。

もちろん、リアルには、サンプルを実際にお見せできるといったようなメリットがあります。両方を上手く活用していきたいと弊社も考えております。

リンカーズ:実際に使われている方へのアドバイスはございますか?

喜田:そうですね。情報ページへの入力については定型フォーマット(テンプレート)が用意されていますので、そういったものを活用し、できるだけ簡潔に、見に来る方にとって分かりやすい、見た目重視で掲載された方が良いような気がしています。

リンカーズ:なるほど。お忙しい中、長時間にわたってお付き合い頂きありがとうございました。本記事を閲覧頂いている方、企業にとって参考になるお話が盛り沢山だったと思います。

喜田:こちらこそありがとうございました。

大塚テクノ様へのインタビュー記事の後半パートは以上になります。

前半パートでは大塚テクノ様がTechMesseを活用する前はどのようにマーケティング活動を行われていたのかを中心にご紹介をさせて頂いていますので、まだお読みでない方はぜひご覧ください。